ルクアイーレ イセタンメンズスタイル シューケア&リペア工房<紳士靴・婦人靴のケア&修理>

mishoecare.exblog.jp
ブログトップ
2012年 05月 24日

顔料系仕上げの靴のお手入れは

チャーチのポリッシュドバインダーや、一部の
リーガルなどのガラス仕上げのような滑らかで
ツヤのある皮革は顔料を重ねて塗り込み、独特
なあの質感になっています。
b0226322_14384339.jpg

一部のクリーナーなどとはこの素材との相性が
悪く、ツヤが落ちたり色が抜けたりすることも
あります。

と聞くとデリケートな素材に思えてきますが、
実は顔料で色入れをしていたり、この仕上げ
の皮革は厚みのある素材を用いることが多く
安定感のある頑丈な仕上げなんです。

お手入れも簡単なんですよ

まずはスムースレザすべてのお手入れの基本。
馬毛のブラシでホコリを掃います。

平野ブラシ馬毛 税込価格4410円
b0226322_1520277.jpg

あまり力を込めないで軽く掃っていきます。
b0226322_16514100.jpg
b0226322_1653486.jpg

M.モゥブレイ・クリームナチュラーレ 
税込価格2100円

無色のクリームナチュラーレをポリッシングコットン(税込価格420円)
少量取り手早く靴全体に塗りこんでいきます。

無色のクリームなら汚れ落とし効果がありますので、
クリーナーを使わずにフレッシュなクリーとの入れ
替えが出来ます。
b0226322_1610925.jpg

ポリッシングコットンを使うことで、古いクリームが
ポリッシングコットンに移ってクレンジング効果が得ら
れます。

その後は豚毛のブラシで磨き込みです。

平野ブラシ豚毛 税込価格4200円
b0226322_1614293.jpg

腰の強さの必要な靴ブラシには最適な毛質の中国重慶産の
豚毛を、洋服用や化粧用のブラシの老舗メーカー平野ブラシ
で作っています。

もちろん国産品です。

このブラシでしっかり磨き込んで作業完了です。

同じ作業でリーガルの顔料仕上げの靴もお手入れしました。
b0226322_16195236.jpg

お手入れに絶対的な正解というのはなかなか無いのですが、
ある程度お手入れ用品との相性というのは考慮してから作業に
取りかかるのが良いと思います。









b0226322_9352056.jpg

靴のお手入れ・靴修理のQ&Aはコチラ

シューケア情報はこちら

JR大阪三越伊勢丹RESH工房情報はこちら


by osakamituise-care | 2012-05-24 16:41 | 靴お手入れ用品


<< レザースティックの使い方      池袋の兄貴はんのブログを見てた... >>