「ほっ」と。キャンペーン
2013年 01月 24日

鏡面仕上げ~指先の角度に気を付ければ意外に簡単にできます

当工房でお客様からご質問をいただくケア方法の2番目に多いのが、
鏡面仕上げ(ハイシャイン)の方法です。

ちなみ1番はコードバンケア、3番はスエードケア。

鏡面仕上げについては、幾度か当ブログでご紹介していますが、ご自
宅などで実際にしてみると難しいというお言葉をいただきます。

当方のお伝えの仕方が拙い為ですね。

ですので角度を変えてご紹介を続けていきたいと思います。

今回は鏡面磨きの時の指先の角度についてご紹介します。ちょっと
マニアックですよね。

使用するケア用品はこちら・・・
b0226322_15414911.jpg

M.モゥブレイ・ハイシャインポリッシュ 税込価格735円
M.モゥブレイ・ポリッシングコットン 税込価格420円

あとは水道水を少々ご用意ください。

鏡面磨きを始める前には必ず基本のケアはしてくださいね。

1:まずはポリッシングコットンを指に巻きつけ、ハイシャインポリッシュを
少量指の腹で取ってください
b0226322_15495640.jpg


2:ハイシャインポリッシュを取った指の腹を軽くなすり付けるような程度の力で、
鏡面に仕上げたい部分に万遍なく塗ります。
b0226322_1552626.jpg

(上の画像のように白くなってツヤが無い状態にしてください)

3:水道水を1~2滴乗せます。
b0226322_1555116.jpg


4:水の力を借りてハイシャインポリッシュを伸ばしていく作業、ここからが
鏡面磨きになります。2の工程で使った部分をそのまま変えないで最後まで
磨きます。ポリッシングコットンの位置を変えてしまうと、薄塗りで塗った
ハイシャインポリッシュが伸びる前に拭き取られてしまってツヤが大変出し
にくくなってしまいます。
b0226322_15592438.jpg

この時の指の角度と磨き方が本日のテーマです。

一度ポリッシングコットンを指から外して、違う靴で角度をご覧いただきます。
b0226322_16186.jpg

b0226322_1612690.jpg

上の画像のように、やや爪を立てるような角度です。爪と指先の皮膚の僅かな
面積を使って磨きます。

力を全く入れずに爪で掻くのに近い角度、爪で掻く寸前の角度、指先の皮膚の
ごく狭い面積を使って、小さな円を半円分くらい重ねながら描いていきます。

最初はツヤが全くありませんが、途中、ごく少量の水を継ぎ足しながらこの
作業を続けていくとツヤの芽みたいなものが現れてきます。
b0226322_1610477.jpg

更に円を描く作業を続けてください。

やがて円が描けなくなります。

つまりポリッシングコットンの軌跡が無くなる状態になります。

この時点でもかなりのツヤが出ていると思います。
b0226322_16134468.jpg

もっとツヤが欲しい時は、上の画像の状態で5分程度インターバルをとって
から、1~4の作業を繰り返し重ね塗りをすると強いツヤが得られますよ。

今回はちょっとマニアックな内容になりましたが、鏡面仕上げは失敗した場合
塗ったハイシャインポリッシュをステインリムーバーで落としてから再度
チャレンジできますよ。

皆様も様々な方法でお楽しみくださいませ。





b0226322_15423440.jpg

新シューツリーブランド:サルトレカミエはこちら


R&Dが考えるお手入れの基本
ステインリムーバーについてはこちら


工房facebook始めました。
各工房のメンバーが記事をアップしていきます。
ぜひこちらもご覧下さい。
R&Dシューケアマイスター


靴のお手入れ・靴修理のQ&Aはコチラ


シューケア情報はこちら

JR大阪三越伊勢丹RESH工房情報はこちら


by osakamituise-care | 2013-01-24 16:20


<< キーケースのお手入れ      ウインタースポーツのハイシーズ... >>