ルクアイーレ イセタンメンズスタイル シューケア&リペア工房<紳士靴・婦人靴のケア&修理>

mishoecare.exblog.jp
ブログトップ
2015年 05月 15日

パラブーツ(オリジナルに近い仕上げ方)

どーもタコヤキBOYです!

さてさて、ここ3年ぐらい靴のトレンドと言えば、
ボリューム感があってカジュアル且つ本格的な作り・・・
オールデン、トリッカーズ、チャーチ、パラブーツ・・・
そんな中でも今回はパラブーツのミカエルの仕上げについて・・

b0226322_13071509.jpg
修理の現場で、ガシガシ履きこんだ修理スタッフH氏のミカエル!!
過酷な環境でもアッパーまだまだ元気!!


b0226322_13092929.jpg
本日の雨で少し蒸れて匂いが・・・
ということで、靴中消臭・除菌からスタート!!


b0226322_13110753.jpg
次に表面に乗ってしまっているゴミやホコリを馬毛のブラシで
キレイに掃い落とします。この時、靴紐も外して紐に下に隠れてしまっている
ところも綺麗にしてあげてください!!


b0226322_13120441.jpg
次にリムーバーで古いクリームをとっていきます。二滴ほどリムーバークロスにとって全体を
さっと拭きます(力は全く必要ございません。)この作業を2、3回ほど繰り返してください


b0226322_13123218.jpg
踵の色抜けや甲周りの色の補色もお願いとの依頼なので・・



b0226322_13135620.jpg
クリームナチュラーレを塗っていきます。今回は色(ブラック)を使いました。
これぐらいが適量です。(米粒2,3粒ぐらい)



b0226322_13164282.jpg
次は豚毛のブラシでブラッシング!!


b0226322_13180841.jpg
右足の磨きました!!!
ツヤツヤ!!

ここまでは基本の磨き!!

少しに長くなりましたがここからが本題!!

確かに右足艶がでてキレイです。
しかし、このレザーってこんなに艶があるものかな?
とか、ツヤツヤはダサイなんて人におすすめのクリームが!!
b0226322_13370862.jpg



なぜ?
植物油脂ですが融点が低いという特徴を持つため、
「バター」という呼び方をされており、皮革に浸透しやすく、
オイルのみで構成されているので、従来のミンクオイルの
現代バージョンと考えていただければ分かり易いと思います!
ミンクオイルは、主に狩猟用などで使われていたため、
耐水性が非常に強い反面、塗った後はベタつきが出てしまいます。

そのため、現代のライフスタイルを考えれば、
ベタついてると、ホコリなどを吸着してしまうのですぐに汚れてしまう。


b0226322_13484609.jpg
右足はシアバターを塗った後、
左足は塗る前、どちらも好みがあると思いますので
マット仕上げが好みの方はシアバターおすすめです!!


言葉に置き換えるのが難しい・・・・

よろしければ参考にしてください!!

===========================================================
!ご質問等は直接お電話で!
 電話番号:06-4301-3933(工房直通)
 担当:ワタナベ・フジワラ
=============================================================


by osakamituise-care | 2015-05-15 20:27 | 皮革製品お手入れ


<< シューホーンの置き方      まとめセットをまとめました! >>