ルクアイーレ イセタンメンズスタイル シューケア&リペア工房<紳士靴・婦人靴のケア&修理>

mishoecare.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 19日

ローファーのサイズが合わない時に

どうもこんにちは、メリケンボーイです。
今週に入ってから一気に涼しくなりましたね。
先週に比べて5℃ほど平均気温も下がり、過ごしやすい日が増えましたが、急な気温の変化は
体に負担がかかり普段よりも体調を崩しやすくなります。
夏風邪も流行っている様なので、皆様お気を付けくださいませ。

さて、本日はサイズ調整のアイテムをご紹介致します。
靴の中にインしますが、下に引くタイプではない少し変わったタイプになります。



中に敷くタイプとは違った、このタンに貼るタイプ特有の優れた点があります。
●甲が薄い人のサイズ調整に!
靴の「ベロ」とも言われるタンの部分。甲が薄い方はここがこすれて痛くなることも・・・
●甲が当たって痛い時に!
レザータイプなので、付いた時に目立ちません。また心地よい感触で、足と靴のすき間をちょうどよく埋めてくれます。

またシープレザー素材なので滑らかかつ吸水性とムレ対策にも最適です。
●抗菌シートで清潔維持
抗菌シートで清潔を維持しながら、優れた吸汗性とムレ対策に最適なシープレザーを採用することでより快適になりました。

実物を手に取ってみるとお化粧の時に女性が使うポフポフを少し縦長にしたくらいのサイズです。

b0226322_10231219.jpg
裏面のシールを剥がし、靴にセット!

b0226322_10230714.jpg
ベロ裏部分にしっかりと張り付いていますね。
革靴の中でもローファーはとくにサイズ選び及び調整が難しい靴です。
紐もストラップもないので縛ったり緩めたりすることが出来ない靴です。
なので履き込んでいったときに大きくなる、ちょっと甲がすれて痛いなど
紐で縛って調整できる革靴と比べたら、この辺りが悩みどころですね。

ただこういった少し大きい、足が中で動くなど、こういった症状にはレザータンパッドがピッタリ!
インソールだと全体が下から盛り上がってタイトになる、そんな方にもオススメです。

それでは本日はこれで。
メリケンボーイでした。

=====================================================

お修理スタッフのブログはこちらから!ピッタリのお修理方法が見つかるかも…?!

====================================================


by osakamituise-care | 2015-08-19 10:55 | 靴お手入れ用品


<< ラバー素材にはコレ!      スニーカーのお手入れ >>