ルクアイーレ イセタンメンズスタイル シューケア&リペア工房<紳士靴・婦人靴のケア&修理>

mishoecare.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 02日

紗乃織ブラシ→サノハタと読みます。ちょっと自信作のブラシです。

磨きオヤジTでございます。

ワタクシ、R&Dには途中入社でして、入社当初どうしても
読めない商品名がありました。

それは・・・・「紗乃織靴紐」です。

サノハタクツヒモと読みます。

どうしても読めなかったなぁ~
(若いスタッフに読み方を教わったのは内緒です。さらに
 商品パッケージの商品名にルビが振られていると教わった
 のはもっと内緒の話です)

まあ、そんなことはどうでもよいですね。

最近、シューケア作業で仲間入りした新しい国産ブラシが
あります。
b0226322_10153305.jpg
紗乃織ブラシ(サノハタブラシ)
豚毛 黒   本体価格4500円+税
豚毛 白   本体価格4500円+税
馬毛     本体価格4800円+税

b0226322_10155547.jpg
こだわったのは使い心地です。

手に取ったとき、ブラッシング作業をした時の重さ軽さ
毛の弾力
毛の柔軟性
持ち手のグリップ感

一言でいうと、「手に馴染むブラシを作りたい」でした。
b0226322_10160154.jpg
これが本当に難しかったです。

試作品を手にしテストを繰り返したのですが、感じたことを
ちゃんとつたわる言葉や文章に変換する、そのこと自体が困難
でした。(単にワタクシの語彙が少なすぎただけですね)

それでも何度もメーカーさんと交渉をして商品が出来上がりました。

今現在の使用感をレポートしますと、”軽い”というのがあり
ます。持ち手はブナ材なのですが、オイルステイン仕上げに
なっていて、柔らかな感触があります。

皮革への馴染みですが、滑らかなツヤ感が出ながらもヌメリの
少ない仕上がりになります。

道具は育てていくものと思います。

もっともっとさまざまな皮革製品に使っていき、また、あらためて
この場でレポートします。

みなさま、当工房へお越しの際には、ぜひ、紗乃織ブラシを
手に取ってみてください。





====================================================

↓↓↓お修理の価格改定について↓↓↓
価格改定について

====================================================



by osakamituise-care | 2017-03-02 10:59 | 靴お手入れ用品


<< ワックスのかけ方      スエードにおすすめの色の入れ方! >>