ルクアイーレ イセタンメンズスタイル シューケア&リペア工房<紳士靴・婦人靴のケア&修理>

mishoecare.exblog.jp
ブログトップ
2017年 03月 19日

くるぶしの外側が履き口にあたる!

こんにちは!イノ子です。

昨日は、かかとの当たりをよくするCVヒールパッドを紹介しましたが、
かかとの外側(または内側)の高さを変えてくれるパッドもあります。


b0226322_17275371.jpg

外側のくるぶしがあたる場所の色が少し抜けています。
くるぶしの位置は、足の内側にくらべ、外側の方が低く(地面に近く)なっています。

b0226322_15404834.jpg
それを考えて、靴の履き口は外側が低くなるように設計されているものが多いのですが、
O脚だったり、体のつくりの個人差があったりして、
くるぶしの外側だけがあたってこすれてしまうことが多いのです。

おろしたての靴で革がかたい、あたって痛い、と思われたら、
あたるところを軽くもんでみてください。

それでもだめなら、

b0226322_15405452.jpg
CVストレートステップ 1,200円(+税)

を試してみるのもよいかと思います。パッドに傾斜がついています。

店頭でご試着いただけますよ♪

お店で声をおかけくださいね。お待ちしています。

イノ子でした。


====================================================

↓↓↓お修理の価格改定について↓↓↓
価格改定について

====================================================



by osakamituise-care | 2017-03-19 17:47 | 中敷き


<< 靴の寿命を延ばす秘訣      鏡面仕上げを戻す >>