ルクアイーレ イセタンメンズスタイル シューケア&リペア工房<紳士靴・婦人靴のケア&修理>

mishoecare.exblog.jp
ブログトップ

タグ:アビィシューホーン ( 1 ) タグの人気記事


2015年 05月 28日

靴ベラの起源

どうも~こんにちは、メリケンボーイです。
最近ご飯を食べに行くと、

昔ながらの製法です
創業当時の味を守っています
初代料理長のレシピのままです

といったフレーズをよく見かける気がします。
大体こういったお店の御飯は美味しいです、口に合わないものや微妙なものに未だあたったことがありません。
やはり老舗ってすごいですねぇ~


さて本日は昔ながらの素材、製法を今に伝えるメーカーをご紹介致します。
創業年数はなんと1749年!
日本でしたら江戸時代真っ只中です。
さてその逸品とは……

b0226322_10564917.jpg
b0226322_10564545.jpg
b0226322_10564133.jpg
b0226322_10563689.jpg

アビィシューホーン!!
短いタイプが

最後の長いタイプが


水牛の角を削り出して作った昔ながらの靴ベラです!
老舗故の継承された職人芸で作られたシューホーンはまさに芸術品と呼ぶにふさわしい出来栄え。
天然の角ならではのきれいな光沢と重厚感、色合いがすばらしく、また天然の角だからこそ同じ色、柄、形は絶対に存在しません。
その一つ一つが唯一無になのです。
プラスティック製の画一的な靴べらが悪い! なんてことはないですが、比較するとやはり存在感が違いますね。


b0226322_11042464.jpg

この独特の透明感はやはりプラスチックでは出せませんよ!
最近の大量生産、ローコストに対抗し、かたくなに昔ながらの品質を守り続けているアビィシューホーン。
なんともイギリス人気質の商品ですね~

P11は小ぶりなサイズで上着の内ポケットに入れるのに便利な携帯できるサイズ。
F21は20cm以上あるので、お座敷などで座っての脱ぎ履きに便利なサイズ。

どちらも捨てがたい逸品ですね~


さて本日はこの辺で!
メリケンボーイでした~
===========================================================
!ご質問等は直接お電話で!
 電話番号:06-4301-3933(工房直通)
 担当:ワタナベ・フジワラ
=============================================================


by osakamituise-care | 2015-05-28 11:19 | ルクアイーレ8階 シューケア工房