人気ブログランキング |

シューケア靴磨き工房 ルクアイーレ イセタンメンズスタイル <紳士靴・婦人靴のケア&修理>

mishoecare.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 26日

革靴を水洗いします

塩が浮き出たり、水染みが出来てしまった場合は
思い切って靴を洗ってしまうという選択肢もあり
ますよ。

ご用意いただくものとして、
サドルソープ 税込価格945円
クリーニングスポンジ 税込価格315円


他にバケツ、タオル、シューツリーなどです。
b0226322_20543279.jpg


水洗いをする前に、ステインリムーバーなどで靴に
付いている靴クリームをクレンジングして、皮革が
水を受け入れやすい状態にしてください。

バケツに水を張り、クリーニングスポンジにたっぷり
水を含ませます。

水を含んだスポンジで靴を丁寧に濡らしていきます。
b0226322_20594424.jpg

この時に気を付けないといけないのは、皮革に濡れている
部分とそうでない部分のムラができないようします
b0226322_2115686.jpg

上の画像は、つま先のみに水が入っている状態です
これでは乾いたときに水染みになって残ってしまう可能性が
あります。

つま先や踵部分は芯が入っていて水が入りにくいので、スポンジ
を押し込むようにして丁寧に濡らしてください

下の画像は全体を濡らした状態の靴です
b0226322_21234781.jpg

ここまで濡らすことで、皮革にしみ込んだ汚れを浮かす事が
できやすくなります。

次にスポンジにサドルソープをとり、手のひらで揉みこんで
しっかり泡立てます
b0226322_2131586.jpg


この泡で靴を包み込むようにして、汚れを浮かしていきます
b0226322_21333715.jpg

この泡は保革剤が含まれており、完全に拭う必要はなく、少し
ヌメリが残るような感じでタオルで軽く拭きとります。

そのあとに履き皺を指で伸ばすようにします
b0226322_213621100.jpg

b0226322_21364489.jpg

最後につま先を立てかけるようにして乾燥させていきます。

乾燥すれば、いつものお手入れをして作業完了です。









シューケア情報はこちら

by osakamituise-care | 2011-10-26 21:40 | 皮革製品お手入れ


<< 今週末はシューケア実演会      イベント&紳士大市のお知らせ >>