人気ブログランキング |

シューケア靴磨き工房 ルクアイーレ イセタンメンズスタイル <紳士靴・婦人靴のケア&修理>

mishoecare.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 27日

デリケートクリームとアニリンカーフクリーム

よく似た箱に入った2つのクリーム、その違いと
どのように使ったらよいかと店頭でご質問を受け
ます。
b0226322_17414464.jpg

画像左
M.モゥブレイデリケートクリーム 
税込価格945円

画像右
M.モゥブレイアニリンカーフクリーム 
税込価格945円


画像では分りづらいですが左のデリケートクリームの方が
アニリンカーフクリームに比べて粘性が低く、瓶を傾げると
零れてしまいます。

容器の裏の成分表示を確認してみると・・・・
まずはデリケートクリームです。
b0226322_17535229.jpg

ラノリンというのが先頭に表示されています。

このラノリンという成分、羊毛に付着した油脂分から取り出
した成分で皮革に対して浸透性が高く、人が使う化粧品や保
湿クリームの原料としても利用されています。

化学的にいうとラノリンもロウの一種ですが、通常靴クリーム
に含まれるツヤ出し成分としてのロウとは働きが違います。
浸透性と保湿性が高いので、皮革にしみ込んで潤いを与えて、
しなやかさと強靭さを補うような作用があります。

成分が染み込んでいくのでこのクリームにはツヤ出し効果がほ
とんどありません。

使い方としては、いつものお手入れの際にステインリムーバーで
クレンジング後、乳化性クリームを塗る前にやわらかい布などで
デリケートクリームを塗ります。

デリケートクリームを塗ることで皮革の劣化を予防することができ
ます。


アニリンカーフクリームの成分表示を見てみます。
b0226322_18174240.jpg

アニリンカーフクリームはロウ分が先頭に表示されていて、通常の
乳化性クリームと同じ成分表示になります。

デリケートクリームとの違いは、ツヤ出し成分であるロウ分を含ん
でいるということです。

アニリン(合成染料)染めのような皮革に透明感があって、皮革
の質感を活かした仕上げでシミになりやすいもののツヤ出しに良く
あったクリームです。

ロウ分により皮革表面に薄い皮膜を作るので、防汚や耐水効果(防水
ということではないです)が出てきます。

この二つのクリームは別物になり、効果効能がそれぞれ違います(保革
ということでは重なる部分もおおいですが・・)使い分けというより
併用していただくと良いかもしれません。

店頭にサンプルがありますので、よろしければ一度ご覧ください











シューケア情報はこちら

by osakamituise-care | 2011-11-27 18:38 | 靴お手入れ用品


<< クリームナチュラーレとコードヴァン      革底のコバ部分の補色について >>