人気ブログランキング |

シューケア靴磨き工房 ルクアイーレ イセタンメンズスタイル <紳士靴・婦人靴のケア&修理>

mishoecare.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 11日

アビィ・ホーン

創業が1749年ですので老舗という言葉がぴったりくる
アビィ・ホーン
b0226322_1645722.jpg


1749年で少し調べたのですが、日本では徳川吉宗がまだ
存命で将軍職は退いていたものの大御所として幕政を司っ
ていた時代です。

吉宗が没するのはその2年後の1751年です。


最近当工房ではアビィ・ホーン製品のお問い合わせをよく
頂きます。

天然の水牛の角を丁寧に時間を掛け、ガスの炎で加熱して伸ば
されて加工された角は手作業での研磨を経て、シューホーン
(靴べら)やレザースティックといった製品になっていきます。

美しい紋様や色合いといったものは一点一点違っていてその
希少性も人気の一因なのかもしれません。
b0226322_16135238.jpg

ぜひ工房にお越しいただき、じっくりとお気に入りの一本を見付けて下さい。

アビィ・レザースティック 税込価格6300円
アビィ・ホーンP11   税込価格3150円
アビィ・ホーンF21   税込価格7350円
アビィ・ホーンC32   税込価格10500円

アビィ・ホーンH47   税込価格18900円


最近コードヴァンのケアをご用命いただくことが多くなりましたので
アビィ・レザースティックの登場機会も増えました。

工房に備え付けてある一部のブラシやクリームよりも確実に使用頻度が
高いですね。

260年の歴史を感じながら・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
というより
b0226322_16354324.jpg

純粋に楽しいのがコードヴァンケアにおけるアビィ・レザースティック
での作業なんです。

コードヴァン靴オーナーの皆様、当工房では作業に使用しているアビィ・
レザースティックを実際に触れていただくこともできますよ。

その楽しさを実感してみてください。










b0226322_9352056.jpg

靴のお手入れ・靴修理のQ&Aはコチラ

シューケア情報はこちら

JR大阪三越伊勢丹RESH工房情報はこちら


by osakamituise-care | 2012-07-11 16:40


<< 何ごとも最初が肝心です      アンティーク風にアレンジ >>