人気ブログランキング |

シューケア靴磨き工房 ルクアイーレ イセタンメンズスタイル <紳士靴・婦人靴のケア&修理>

mishoecare.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 12日

新参者。。。






 桜の花も散り、日増しに新緑の季節へ向かっておりますが、、、
 皆様、いかがお過ごしでしょうか。


 大阪はまだまだ肌寒いですね。


 さて、国内、世界問わず、このところ目まぐるしく情勢が変化しておりますね。
 私は時代に取り残されぬよう、バラエティ番組を我慢して、重たい瞼をこすりながら、日々ニュースに目を凝らしております。


 政権交代以降、本当に毎日、驚くことばかりです。


 、、、


 さてところが、、、


 私、紳士靴の仕事に携わって、まぁそこそこ長いものですから、靴に関してはもう少々のことでは驚かなくなってしまいました。


 しかし先日、、、
 そんな私が、久々に驚愕させられた靴が。。。


新参者。。。_b0226322_20291686.jpg

 まずはご覧ください。
 この只ならぬオーラ。

新参者。。。_b0226322_20293140.jpg

 別角度から。
 まるで、ル・マンのレーシングカーのような有機的なフォルム。
 当然、ハンドメイドでなければこうはなりません。


新参者。。。_b0226322_20294791.jpg

 驚くほど細かな出し縫いのピッチ。
 ウィ-ルもばっちり決まってます。


新参者。。。_b0226322_20301397.jpg

 ヒールカップからその下の積み上げの層に向かって、綺麗なS字を描いてカーブしているのがお分かりになりますでしょうか?
 細かい話ですが、こういったヒール積層部のカーブは機械で削っては表現できません。
 職人により手間をかけて作られた手製靴ならではのディテールです。


新参者。。。_b0226322_20303633.jpg

 底面ウェスト部。
 これも卓越した技術を持つ職人が手掛けた、フルハンドメイドの靴でしか成しえない造形美。
 まるで伝統工芸士が手掛けた漆器のようなその光沢が与えられることにより、更に立体感が強調されております。


新参者。。。_b0226322_2031635.jpg

 底面トゥ部。
 規則的に打ち込まれた真鍮釘。
 緻密なオーナメント。
 ピカピカに磨き上げられており、撮影者の私が写りこんでおります。


新参者。。。_b0226322_20313555.jpg

 これまで数え切れないほどの紳士靴を見てきましたが、ここまでのレベルの物にお目にかかれることはそう多くありません。


 さて、この靴の正体。


 それは、この春より私たちのお店で定期的にオーダー会を行うことになったビスポーク(フルオーダー)シューズブランド、
 Yuki Shirahama Bottierのオーダーサンプルだったのです。


 このブログをよくご覧いただいている方なら、既にお気づきかもしれません。
 そう、実は以前、一度だけ掲載させていただいたことがあったのです。

 東京、神戸、パリの3都市で靴作りを学んだ白濱結城氏は、現在福岡にアトリエを構え、外注業者などは一切使わずに自身の手で、ごく限られた数の靴を作っています。


 公式ホームページはこちら!


 いわゆるビスポーク(フルオーダー)ですので、当然、採寸したデータを基にお客様ごとの木型から作成し、確認のための仮縫いも行います。
 ですから価格、納期ともそれなりにかかってしまいます。


 正直なところ、靴を単なる道具やファッションアイテムとして考えるのであれば、ここまでこだわる必要はないのかもしれません。
 しかしながら、職人との話し合いを重ね、1足の靴を形作っていくという過程は、何とも贅沢で愉快なものだと、私は思います。


 既製品の場合、最高級と謳われる靴であっても、その殆どはある程度の規模の工場で生産されます。
 そして、言うまでもないですが、そこで手を動かす職人の方々は、最終的に足を入れる消費者の顔を知りません。


 フルオーダーを意味するビスポーク(Bespoke)と言う言葉は、職人と顧客の対話(Be Spoken)が語源と言う説は、服飾好きの間では有名な話ですね。


 ビスポーク.....
 今日では当たり前になってしまったマスプロダクトとは、対極の世界。


 1足、294,000円(税込)~

 変なセールストークではないですが、品質や工程を考えると、価値をご理解いただける方には、このお値段はお買い得ではないかと思います。


 どうです?
 皆様もいかがでしょうか?


 、、、


 え?


 私ですか?


 いや、本当に欲しいのですが、


 、、、


 、、、


 、、、


 さ、先立つものが。。。


 ・・・・・。


 どうやらアベノミクスの恩恵は、まだ私のところまで波及していないようなのです......




【受注会のお知らせ】

 職人、白濱氏が来店し、お客様だけの1足をお仕立いたします。

 開催日:4月27日(土)、28日(日)
 価格:294,000円(税込)~
 納期:6ヶ月後(仮縫い:3ヵ月後)

 ※ご予約優先とさせていただきます。
 
 お問い合わせ先:JR大阪三越伊勢丹 8階 紳士靴売場 Tel:06-4301-3934





新参者。。。_b0226322_15423440.jpg

新シューツリーブランド:サルトレカミエはこちら


R&Dが考えるお手入れの基本
ステインリムーバーについてはこちら


工房facebook始めました。
各工房のメンバーが記事をアップしていきます。
ぜひこちらもご覧下さい。
R&Dシューケアマイスター


靴のお手入れ・靴修理のQ&Aはコチラ


シューケア情報はこちら

JR大阪三越伊勢丹RESH工房情報はこちら


by osakamituise-care | 2013-04-12 20:42


<< 備えは大切です。      新しい靴を買ったらまずは? >>