人気ブログランキング |

シューケア靴磨き工房 ルクアイーレ イセタンメンズスタイル <紳士靴・婦人靴のケア&修理>

mishoecare.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 09日

あきらめる前に・・・

どーもタコヤキBOYです。






うっかり、お酒や食べこぼしを靴にこぼしたりしませんか?



私はよくあるんです!!

特にお酒・・・・

翌日、やっちゃったなぁーなんて思う事は多々・・・







でも、そんな時は思い切って洗う!!!






そう今回も







b0226322_17332429.jpg


何でシミになったかは、不明ですが、















b0226322_17342338.jpg


左足の甲にシミが














洗いました!!!!














b0226322_17351467.jpg


まだクリームを入れる前ですが、
スッピンは完全にシミが無くなりました!!










気になっていた、左足の甲も












b0226322_1737220.jpg


シミの痕跡すら消えて無くなっています!!

















さぁ洗い方です!!
















b0226322_17393245.jpg


クリーニングスポンジを使用して靴全体を濡らしていきます。
ここでのポイントは、必ず革全体を濡らすことです。
濡れていない部分と濡れている部分があると
ムラになる場合がありますので、ご注意ください。














b0226322_17433756.jpg


クリーニングブラシにサドルソープをとって泡立てます。














b0226322_1744367.jpg


靴全体に乗せてマッサージするように洗っていきます。


















b0226322_17463429.jpg


全体的に洗い終わったら表面に残った泡と
汚れをクリーニグスポンジで取り除いていきます。
















b0226322_17472510.jpg


後は爪先を上にして日陰干しです。














b0226322_12174467.jpg


M.モゥブレィ サドルソープ
税込価格 972円

クリーニングスポンジ
税込価格 324円











とれない場合もあるのですが、あきらめる前に
一度洗ってみるのもいいですよ~















 
好評につき満席になりました。
ご予約頂きましたお客様、当日のご来店
心よりお待ちしております。

場所:JR大阪三越伊勢丹8階カスタマーズサロン
日時:2014年5月17日(土曜日) 11時~14時~
所要時間:90分
参加費:無料
事前予約制
予約方法:店頭・お電話
電話番号:06-4301-3933(直通)
予約受付時間:10時~20時
担当:タカノハシ・ワタナベ・フジワラ


革靴のお手入れについて基本的なことを楽しく学んでみませんか。

実際にご自身の靴をお手入れしていただける時間も設けております。
必要なケア用品はすべてこちらでご用意いたしますので、お手入れしたい
靴をご持参いただくだけで大丈夫です。

今回は1日2コマだけの開催です。

お席が早く埋まると予想されますので、お早目の予約がお勧めです。


各種リンクのご案内 .-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-
  

R&D公式ホームページ 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
シューケア・レザーケアの常識が変わります

R&Dフラッグショップ 青山 FANS.ブログ 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

シューケア・レザーケア・・・Q&A集 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 

明日使えるかもしれない
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ 
靴紐の結び方 

シューケアマイスター公式フェイスブック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

革靴は洗えるんです
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
サドルソープの使用法 

-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.-.

JR大阪三越伊勢丹8階 メンズシューリペアコーナー

住所:大阪市北区梅田3-1-3
電話:06-4301-3933(直通)
営業時間: 10:00~20:00



by osakamituise-care | 2014-05-09 18:08 | 皮革製品お手入れ


<< 革靴の基本ケア      時間の許される限り楽しいコード... >>