人気ブログランキング |

シューケア靴磨き工房 ルクアイーレ イセタンメンズスタイル <紳士靴・婦人靴のケア&修理>

mishoecare.exblog.jp
ブログトップ
2014年 09月 14日

色選びの極意とは!

どうもこんにちは、大吟嬢です(*゚▽゚)ノ
10月に東京に遊びに行くのですが、
ちょうど日本酒のお祭り?みたいなのがあるのを知り、テンションが上がってます!笑
友人との待ち合わせまでにちょっと寄ってみようと思います(*^O^)
うーん楽しみだ~~!



さてさて…。
皆様、靴のケアをする際に
これでいいのかな?って悩んじゃうことはありませんか?!?

そう…、たとえば、

クリームの色

なんかで!



というわけで今回は、クリームの色の選び方
についてご説明させていただきます☆




基本的に靴の乳化性クリームは
水、油、ろう成分の三つから成っています。
そこに色の成分がプラスされるだけなので、
色ごとに成分の配分が違うとか、そういうことはありません

なので言ってしまえば、
黒の靴に赤いクリームを塗っても
赤い靴にネイビーのクリームを塗っても
入っていく栄養分は同じです。
実際そういう風にいろんな色を入れて楽しんでらっしゃる方もおられますね(^O^)
もちろん、完全に自己責任のもとですが!


まあ今回はとりあえず、こういうお靴にはこういう色がいいですよ~というお話なので、
奇抜な色のチョイスはしてません(笑)


さて…それではスタートです!
まずこの黒い靴。






ニュートラル(無色)でももちろんオッケーなのですが、
黒は基本的に色の違いはありませんので、黒いクリームでケアしていただけると
一番きれいになりますよ!

ポリッシュ(缶入りのワックス)なんかでも同じで、黒には黒が一番きれいに見えます!(*^-^*)





ではこちらのお靴はどうでしょう。
上で言ったように、黒のクリームでしょうか?










違うんですよね!
よ~~~く見てください。縫い糸部分が白いですね。
と、いうことは!
黒いクリームを塗ると縫い糸が染まってしまう可能性があるということです!
白スティッチ、そのほか色の違うスティッチってできるだけ汚さずに残しておきたいですよね。









そういうお靴にはこちら。
無色の靴のクリームをお勧めします!
もちろん色が抜けてきたら色を入れていただければと思うのですが、
その際は全体をニュートラルでケアした後、色の抜けている部分を有色クリームでケアしてあげるといいですよ!
有色クリームを使用する際は布でされるほうが、よりスティッチを汚しにくいですね。








ニュートラルといえば。
こういう濃淡のついたお靴。
最初から色を入れていくとクリームの色に引っ張られてしまいます。
なのでクリームはニュートラル(無色)がお勧めです!



まあつまり、
黒以外のお靴に最初に使うクリームはニュートラルが好ましいです!ヽ(*^^*)ノ

靴の色がだんだん抜けてきてしまって、傷もできてしまって、
もうそろそろ補色が必要だ!というときに色のクリームを使用していただく方が
もともとの靴の風合いを長くお楽しみいただけるので
お勧めですよ☆








色がだんだん抜けてきてしまって
どうしても補色したい!
そんなときの色の選び方は
靴と同じ色か、それより少し明るい色
です!

靴にクリームの栄養が入ると靴の色が沈むので、+少し明るめの補色でちょうどいいんですよ(*^-^*)




ちなみに上の二足は…





こちらのお靴はロンドンタンがぴったりです。









こちらのお靴はコニャックです!





と、茶色でもいろいろあるので、
クリームの色を選ぶ際はぜひぜひ靴を履いて靴の横にクリームを置いてみて、
合うかな?どうかな?と選んでみてください(^O^)/



ちなみに今回ご紹介させていただいたシュークリームは




それでは本日はこれで!
大吟嬢でした~~\(^▽^)/

===========================================================
★ケア商品に一部価格改定品がございます!
 詳細はこちら(PDFファイルです)

★ケア・クリーニング受付時間が変わります!
 従来は10:00~20:00でしたが、
 今後は12:00~20:00になります!

★商品の購入に関して
 大阪工房では現在ケア商品を店頭にて陳列しておりません
 しかしながら、商品の販売はさせていただきます。
 商品の在庫が無い場合もございますので、
 ご入用の商品があればお電話を頂ければ在庫の確認をさせていただき、
 お取り置きという形で保管させていただきます。
 電話番号:06-4301-3933(工房直通)
 担当:ワタナベ・フジワラ
=============================================================


by osakamituise-care | 2014-09-14 19:48


<< 水分が足りない!      モールドクリーナーの使い方② >>