人気ブログランキング |

シューケア靴磨き工房 ルクアイーレ イセタンメンズスタイル <紳士靴・婦人靴のケア&修理>

mishoecare.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 23日

色抜けにも種類がある!

どうもこんにちは、大吟嬢です(*゚▽゚)ノ
このあいだ友人と、友人の知り合いの外国の方と飲みに行ったのですが
まtttttったく英語が出来ないせいで友人にめっちゃ通訳してもらってました。
頑張って英語出来るようになろう!と決意を新たにしました…(´ー`)

さてさて!話は変わりまして。
履き続けたお靴って、結構色が抜けてたりしますよね。
色抜けって、いろんな理由があるのをご存知でしょうか!?
もちろん仕上げによることもあります。

が!

まあとりあえず今回は3通りの色抜けについてご説明させていただきます!

b0226322_17400439.jpg
まずこちらのお靴。
修理スタッフKさんの私靴ですね!



右足をケアしていきます。
そこで!
色抜けその1
b0226322_17410115.jpg
恐らく液体が飛んだと思われる色抜け
通常、液体が飛んで色抜けする場合は色が全く入らない事が多いです。
染料や顔料を飛ばしてしまってる状態だからですね。
そうなってしまうと、革の上に色を乗せるしか方法が無くなってしまいます・・・。



色抜けその2
b0226322_17433284.jpg
カカトなどが擦れた色抜け
仕上げにもよりますが、染料仕上げという、革を染め上げる仕上げのお靴であればクリームで綺麗になることが大半です☆


b0226322_17463645.jpg
ちなみに履き口もよく色が抜けますが、有色クリームで色を着けるとお洋服にも色がついてしまうため、
出来る限り無色のクリームでお手入れしてください。



色抜けその3
b0226322_17452692.jpg
すみません、すごく見えづらいですね・・。
乾燥して、白っぽくなっています。
その3は、乾燥による色抜けです!
革は皮膚と同じなので、やはり乾燥すると白っぽくなってしまいます。
そしてクリームも入りづらい状態に。
こうなってくるとデリケートクリームなどでの保革が必要になってきますよ!



とまあ、こんな感じです。
それではケアをしていきましょう!


b0226322_17482440.jpg
まず馬毛のブラシでホコリを落とします。



b0226322_17484888.jpg
ステインリムーバーでもともとついていたクリームや汚れを落とし・・・



b0226322_17491172.jpg
乾燥している為、デリケートクリームを靴全体に塗っていきます。
これで乾燥による色抜けは目立たなくなりますよ!



b0226322_17495156.jpg
その後全体に有色のクリームを塗ります。
履き口には無色のクリームがベストですね!


b0226322_17502590.jpg
カカトの部分に色が入り難い…と思ったら、ペネトレイトブラシでパッティング!
これで結構色が入りますので、スレによる色抜けも結構目立たなくなってくれることがおおいです!
ここで豚毛のブラシを使用してブラッシングし、全体の様子を見ます。




b0226322_17532222.jpg
微妙に色が入っていなかったので、ワックスカラークラシックを使用して色を上に乗せていきます。
そしてブラッシング。



b0226322_17542637.jpg
かなり目立たなくなりました!



b0226322_17544251.jpg
完成!

b0226322_17550371.jpg
両足綺麗にしておわりです☆

色抜けにもいろいろあるということで・・・
参考程度にどうぞ☆
それでは本日はこれで!
大吟嬢でした~~\(^▽^)/
===========================================================
★ケア商品に一部価格改定品がございます!
 詳細はこちら(PDFファイルです)

★ケア・クリーニング受付時間が変わります!
 従来は10:00~20:00でしたが、
 今後は12:00~20:00になります!

★商品の購入に関して
 大阪工房では現在ケア商品を店頭にて陳列しておりません
 しかしながら、商品の販売はさせていただきます。
 商品の在庫が無い場合もございますので、
 ご入用の商品があればお電話を頂ければ在庫の確認をさせていただき、
 お取り置きという形で保管させていただきます。
 電話番号:06-4301-3933(工房直通)
 担当:ワタナベ・フジワラ
=============================================================


by osakamituise-care | 2015-03-23 18:00


<< スエード補色      デイリーケア >>