人気ブログランキング |

シューケア靴磨き工房 ルクアイーレ イセタンメンズスタイル <紳士靴・婦人靴のケア&修理>

mishoecare.exblog.jp
ブログトップ
2015年 07月 30日

オイルドレザーは二度美味しい

どうもこんにちは、メリケンボーイです。
今日のタイトル見て、メリケンボーイはいつも靴を食べている人、みたいに見えますが
食べませんのでご安心ください。
ちなみにメリケンの主食は米と卵です。

さて皆様、オイルドレザーの靴はお持ちでしょうか?
最近使用頻度が下がってきている、でもまだまだ履けるので捨てるのはもったいない。
なんて方は多いのではないでしょうか?

オイルドレザーの靴、有名どころだとレッドウイングやチペア、ウルヴァリンなどが、
ワークブーツで特に名前が知られているブランドですね。
アメリカ靴以外だと最近人気のパラブーツのシャンボードがオイルドレザーの靴です。

オイルドレザーの靴は武骨なデザインが多いのでお洋服の系統が変わったりすると、
中々足を通さなくなりがちですが、メリケンボーイ的にはものすごく化ける革なので
そのままフェードアウトするのは非常にもったいないと思います!

それではオイルドレザーの靴をお手入れしていきましょう。
オイルを使うかクリームを使うかで、仕上がり具合ががらりと変わるので面白いですよ!

b0226322_10563879.jpg

このブログでも何回か紹介している私物のシャンボード、こちらを使い今回はお手入れしていきましょう。
まずはいつも通り、馬毛ブラシでホコリや表面の汚れを掃いましょう。
それが終わりましたら、ステインリムーバーで前に入れたクリーム、中の汚れもスッキリさせます。

b0226322_10563649.jpg
b0226322_10563414.jpg
b0226322_10563273.jpg
スッキリしましたね!
さっぱりしたところクリームorオイルを入れていきましょう。



塗るときにはペネトレイトブラシを使うと捗りますよ!

b0226322_10562739.jpg
浸透力抜群で保湿しながら栄養補給をしてくれるクリームナチュラ―レと
昔ながらのマッドなツヤ感と使い心地のまま、べた付かないビーズエイジングオイル
はともにオイルドレザーの靴と相性抜群です!

共に塗りおわったら豚毛のブラシでブラッシングしますと……

b0226322_10562316.jpg
b0226322_10562129.jpg
良い感じに潤いながら補給できました。
左側(右足)はクリームナチュラ―レで
右側(左足)はビーズエイジングオイルで
お手入れしてみました。

こう比べてみると全然仕上がり具合が異なりますね~
クリームナチュラ―レで仕上げた場合強いツヤ感がでるので、スーツなどに合わせる場合にむいた
かっちりした雰囲気です。
逆にビーズエイジングオイルで仕上げた場合は程よい控え目な光り方で被膜ができておりますので
、チノパンやデニムなどの私服に合う雰囲気ですね~

メリケンボーイはデニム、チノパンが多いのでビーズエイジングオイルでの仕上がりが好きですが
使われるシーンでクリームとオイルを使い分けていただければいいかと思います。

オイルドレザー愛好家の方の参考になれば幸いです。
それでは本日はこれで。
メリケンボーイでした。

===========================================================
!ご質問等は直接お電話で!
 電話番号:06-4301-3933(工房直通)
 担当:ワタナベ・フジワラ
=============================================================


by osakamituise-care | 2015-07-30 11:41 | 靴のお手入れ


<< クリームを塗っても全く変化がない!      革靴の栄養(スムースレザー編) >>