人気ブログランキング |

シューケア靴磨き工房 ルクアイーレ イセタンメンズスタイル <紳士靴・婦人靴のケア&修理>

mishoecare.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 22日

白の色抜け、どうケアする!?

どうもこんにちは、大吟嬢です(*゚▽゚)ノ
b0226322_20450260.jpg
昨日はスペイン料理を食べてきました☆
むちゃくちゃニンニクの香りに包まれて帰りましたが、すっごく美味しかったです('-'*)






さてさて!
b0226322_20455593.jpg
白いシューズって、お手入れに悩みませんか?



b0226322_20461551.jpg
ツヤがなければほこりを落とし、デリケートクリームを入れて保革してあげればOK('-'*)
ツヤがあるなら、クリームエッセンシャルがオススメです☆



そして・・
色が剥げてしまった!
というのが一番のお悩みではございませんでしょうか!?
白い靴の色抜けや顔料の割れは気になりますよね。
白い色の革靴はとくに「染料」で染めることができないので
「顔料」を革の上に乗せています。

顔料はペンキのようなイメージですね。革に浸透せず上に乗っかる感じです。
そしてペンキは動くと割れます。
そんな感じで、シワの部分やよく動く部分は白の顔料が割れ、剥げやすいです。



そこで!
b0226322_20494476.jpg
白いクリーム、あるいはリキッドで補色しませんか!?


この二つ、色を乗せるという点では同じです。
では何が違うのでしょうか?

b0226322_20505766.jpg
b0226322_20510694.jpg
二つを塗って比べてみます。



b0226322_20512269.jpg
上がリキッド、下がクリームです。

リキッドの方は乾燥が早く色づきが良いです。

クリームは柔らかく、軽くついてくれるので微調整に向いていますね。
また、クリームだと色のバリエーションが多いため色々な色に対応できます。

※どちらもツヤが出ます。


流れとしては、デリケートでケアしてその後リキッド、あるいはクリームで色の補色を行い
ケア終了です☆
色抜けでお困りの方はぜひ一度お試しくださいね!
それでは本日はこれで!
大吟嬢でした~~\(^▽^)/
======================================================

お修理スタッフのブログはこちらから!ピッタリのお修理方法が見つかるかも…?!

====================================================


by osakamituise-care | 2015-08-22 20:58 | 皮革製品お手入れ


<< 靴を労わるケアを!      大きい革物のお手入れに便利! >>