人気ブログランキング |

シューケア靴磨き工房 ルクアイーレ イセタンメンズスタイル <紳士靴・婦人靴のケア&修理>

mishoecare.exblog.jp
ブログトップ
2017年 11月 25日

靴の水洗い

どうも八郎です。

靴の水洗いを紹介しようと思います。

今回洗うのはこちら
b0226322_18383273.jpg
洗うときに最も重要なことは
容赦なく革を濡らすことです。

中途半端に濡らしたり、部分的に濡らすと
返ってシミができてしまいます。

シミは水際に溜まる性質があります。
しっかり全体を濡らすことで、シミが分散してくれます。

STEP1 ステインリムーバーで古いクリームを落とします。
b0226322_18380296.jpg
クリーナーで下処理をすることで、
水が革内部までしっかり浸透します。

STEP2 クリーニングスポンジで靴をしっかり濡らす。

b0226322_18380165.jpg
前述でも説明しましたが、
しっかり革に水が浸透させてください。

クリーニングスポンジに水を浸み込ませるとやりやすいです。

STEP3 サドルソープで保湿&汚れを掻き出す。

b0226322_18380292.jpg
サドルソープをクリーニングブラシに付けて
b0226322_18471772.jpg
しっかり泡立てていきます。

サドルソープは汚れを取るだけでなく、
革の乾燥を防ぐため油分も交じっております。

STEP4 クリーニングスポンジで泡をぬぐう

b0226322_18380135.jpg
泡をぬぐう程度でOKです。

そして
b0226322_18380386.jpg
タオルドライします。

STEP5 シューキーパーを入れて通気性の良いと場所で乾燥させます。

b0226322_18380226.jpg
しっかり乾いた後にクリームを塗り込めば、
色落ちした箇所も戻せます。

水洗いは
乾燥の進んだ革や雨染み、油染み、塩浮き、銀浮に対して非常に効果的です。

是非トライしてみてください。

============================================================================

WEBメディアの【Lifehacker】に、
English Guild ビーズリッチクリーム
English Guild スプレッドブラシ

が紹介されました!

ワンランク上のアンティーク仕上げに興味のある方、必見です!

美人すぎるメンズファッションライター丸山 尚弓(まるやま なおみ)さんの詳しい解説がとってもわかりやすい!


b0226322_15141768.jpg
記事はこちらからご覧ください↓↓↓↓↓↓↓



by osakamituise-care | 2017-11-25 18:54 | 靴のお手入れ


<< 財布のお手入れ      絶対に濡らしたくない靴がそこにはある >>