人気ブログランキング |

シューケア靴磨き工房 ルクアイーレ イセタンメンズスタイル <紳士靴・婦人靴のケア&修理>

mishoecare.exblog.jp
ブログトップ
2017年 12月 03日

これで安心『レザースティックのコツ』


こんにちは、オリジンでございます。

告知もしておりましたコードバンケアにおけるレザースティックのコツご紹介いたします。

b0226322_20441884.jpg
用意したのはこちらフローシャイムインペリアル。

そもそも友人が購入したものですが訳あってわたくしの物となりました。

USA製で恐らく70年代製造の古靴と呼ばれるものですね。

状態があまり良くないということで相場と比べて格安だったらしいのですが

コードバンはよっぽどもよっぽどでなければ復元可能なのでかなり儲けもんだと感じております。笑
b0226322_20442176.jpg
今回はスティックに焦点を当てた内容なのでここまでのケアの説明はすっ飛ばします。

一連の流れはこちらの記事なんかをご参考ください。

まずは画像のようにしっかりと角度をつけてぐいぐいとスティックを上下させ毛羽立ちを抑えます。

そしてブラッシングします。
b0226322_20442420.jpg
こんなに角度をつけたら傷ができてしまうんじゃないの??とお思いの皆様安心してください。

そこそこの力でぐいぐいしましたが傷はつきませんでした。

ですがスティック跡は画像の様に残ります。

そしてこの跡も毛羽立ちとともに最終的には消えますので問題ありません。

毛羽立ちの様子をみながらこの工程を繰り返し次の工程に移ります。

b0226322_20442713.jpg
次にスティックの反対側を使い先程と同じようにぐいぐいします。

これにより細く入っていたスティック跡が太くなります。

そしてまた毛羽立ちの様子をみながらこの工程を繰り返し次の工程に移ります。
b0226322_20442995.jpg
最後の仕上げです。

画像のような向きでスティックの腹を使い整地するようなイメージでぐいぐいし毛羽立ちを抑えるとともに履きジワの凹凸も平らに戻します。

履きジワの凹凸を平らにするコツですがシューキーパーをかなりタイト目に合わせてやるとうまくいきやすいです。

この後にしっかりと、これでもかというくらいブラッシングして仕上がりです。
b0226322_20443153.jpg
じゃん!!!

毛羽立ちは収まり、また履きジワの凹凸もなくなりかなり良い仕上がりとなりました!!!

コツはスティックの当たる面を徐々に大きくしていくことです。

これにより毛羽立ちはしっかりと抑えられ、またスティック跡も気にせずケアできます。

是非、お試しください。

ではまた!!!













============================================================================

WEBメディアの【Lifehacker】に、
English Guild ビーズリッチクリーム
English Guild スプレッドブラシ

が紹介されました!

ワンランク上のアンティーク仕上げに興味のある方、必見です!

美人すぎるメンズファッションライター丸山 尚弓(まるやま なおみ)さんの詳しい解説がとってもわかりやすい!


b0226322_15141768.jpg
記事はこちらからご覧ください↓↓↓↓↓↓↓



by osakamituise-care | 2017-12-03 18:05 | 靴のお手入れ


<< スエードのシミ汚れ      乾燥した靴のお手入れ >>