シューケア靴磨き工房 ルクアイーレ イセタンメンズスタイル <紳士靴・婦人靴のケア&修理>

mishoecare.exblog.jp
ブログトップ
2018年 03月 25日

ダイナイトか2055か・・・

こんにちは。大阪工房わさおです。


昨日の銀座工房の記事


雨靴用はvibram#2055 OR ダイナイト?


ご覧になりましたか??


個人的にオールソールするときに


ダイナイトソールか2055で悩むことも多いので非常に興味深く


ついつい読み込んでしまいました。


私個人的には2055の方が粘り気があり地面に吸い付くような気がするので2055派です。


205の方が粘り気がありますよ~と言われ交換した翌日、


さっそく履いて出勤したのですがすこぶる快調で


確かにこの地面にまとわりつくというか吸い付く感じがいいな~と


歩いていたら


実はガムを踏んづけていてねちゃねちゃになってしまったのはここだけの秘密です。


b0226322_13541931.jpg
大阪工房でも


こちらのパーツに付替えることは可能で


カカトのみの交換で


ダイナイト(画像の上段)で¥3,700+tax
2055(画像下段)で¥3,500+tax


オールソールで

ダイナイト(画像の上段)で¥15,000+tax
2055(画像下段)で¥11,800+tax


にて承ることが可能です。


ちなみにダイナイトソールの語源で諸説ありまして


昼も夜も忙しくソールを作り続けたことから


Day&Night(デイアンドナイト)がなまって


ダイナイトになったという説もあるようです。


最後はちょっとした雑学で!


それではわさおでした~


by osakamituise-care | 2018-03-25 14:13 | シューケア&リペア工房


<< シューケアセミナーレポート      お家でサッとできる靴の中のお手... >>