人気ブログランキング |

シューケア靴磨き工房 ルクアイーレ イセタンメンズスタイル <紳士靴・婦人靴のケア&修理>

mishoecare.exblog.jp
ブログトップ

タグ:コードバン お手入れ 靴磨き ( 1 ) タグの人気記事


2015年 06月 28日

コードバンお手入れ一考

磨きオヤジTでございます。

携帯電話を自宅に忘れて出勤してしまいました。

普段携帯なんかなくても生きていけると豪語して
いる割にはちょっと焦っています。

ついちょっとした時間つぶしなどに携帯電話を手に
しているんだと、手元に無いことで逆に思い知らさ
れてます。

まあそんなことはどうでもよいですね。

工房を遠く離れて様々な店舗などで実演販売会に
勤しんでいますと、「もしかして磨きオヤジTですか」
とお客様よりお声掛けいただくことが、ごくごくまれ
にあったりします。

そのうちの半数以上のお客様より、コードバンケアに
ついてお尋ねいただいてるんですね。ほんとうに嬉し
くてありがたいことです。
b0226322_13190284.jpg
今回使用するケア用品です。
(携帯電話を忘れたため新しい写真を撮ることができず
以前アップした写真を再利用しています)

平野ブラシ 馬毛 本体価格4200円+税 ×2本
ペネトレイトブラシ 本体価格400円+税
ステインリムーバー300ml 本体価格2000円+税
リムーバークロス5枚入り 本体価格400円+税
グローブクロス 本体価格500円+税
イングリッシュギルド・ビーズリッチクリーム 本体価格2000円+税

皮革のダイヤモンドとも称されるコードバン。

ケアのキモは透明感のある艶を再現しつつ出来るだけ、
皮革表面にベタつきを残さないように仕上げることだと
思うんです。

ベタつきを残さないコードバンケア・・・。

まずは何はともあれ古いクリームなどの汚れを落とすこと。

そのための第一歩が馬毛のブラシでホコリを掃う事です。
b0226322_13190280.jpg
アッパー全体と同時にウエルトも丁寧にブラッシングです。

ウエルトのホコリって面積の小さい割には悪目立ちします。

また、コードバンの表面は傷が入りやすくデリケート、ここ
でのホコリ掃いで、その後の磨き傷などのリスクが相当減ります。

次に以前に塗ったクリームやワックス類をクレンジング。
b0226322_13190286.jpg
b0226322_13190356.jpg
リムーバークロスを指に巻き付け、その指先にステインリムーバー
を1~2滴付けます。

あとは靴をごく軽い力加減で拭くだけです。

リムーバークロスを少しづつずらしながらこの作業を3回程度繰り
返して下さい。

これで”すっぴん”状態になるはずです。この状態にすることで、
クリームの伸びや浸透が大きく違ってきますので、この作業は
ベタつきなく仕上げるためには必須の作業と言えます。

b0226322_13190311.jpg
ペネトレイトブラシに適量のビズリッチクリームを取り
コードバンに塗っていきます。

この時の適量は、米粒3~5粒程度量です。

これより多く塗りすぎると、クリームを吸収しにくい
特徴を持つコードバンの表面に多くのクリームが残って
しまい、触ると指紋痕が残るべた付いた仕上がりになって
しまいます。

b0226322_13190278.jpg
あとは時間の許す限り、馬毛ブラシでのブラッシングです。

擦り込むようにブラッシングしてください。

コードバンケアはブラッシングに掛ける時間で、艶とサラサラ
感が増していきます。
b0226322_13190235.jpg
最後にグローブクロスで乾拭きで完成。
b0226322_13190247.jpg
コードバンケアは時間を楽しむもの。

特別な裏技などは必要ないと思います。ひとつひとつの
作業を丁寧にするだけですね。

コードバン靴オーナーの皆様、ケアの時間をぜひ楽しんでください。




















===========================================================
!ご質問等は直接お電話で!
 電話番号:06-4301-3933(工房直通)
 担当:ワタナベ・フジワラ
=============================================================


by osakamituise-care | 2015-06-28 14:36 | 皮革製品お手入れ